読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CCNP Cloudは独学でも簡単に合格できる資格になります

現在社会人の方で転職してクラウド エンジニアとして仕事をしたいと考えている方にはついては、CCNP Cloudを取得することをお勧めします。
CCNP Cloudは独学でも簡単に合格できる資格になります。CCNP Cloud資格300-470問題の難易度も高くないので、短期間でも集中して勉強すれば誰でも合格可能です。
CCNP Cloud資格300-470問題集を使用すれば、実務でも役立つ操作を覚えることができます。
弊社のCCNP Cloud資格300-470参考書を使用すると、短期間でも習得することができます。
弊社のCCNP Cloud資格300-470試験のテキストは、良く出題される問題を分析して合格に必要な実力をつけることができます。

具体的な300-470勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170517145741p:plain

300-470試験概要:

試験番号:300-470
試験名称:Automating the Cisco Enterprise Cloud
関連資格:CCNP Cloud
試験時間:90 分
問題数:55 - 65 問
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE

CCNP Cloud 認定はラボ ベースのトレーニングと認定を行うプログラムで、クラウド エンジニア、クラウド管理者、クラウド設計者、およびデータ センターで作業するアーキテクトを対象としています。

300-470試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

1.0 プライベート IaaS インフラストラクチャのプロビジョニング  27%
2.0 プライベート IaaS カタログのプロビジョニング  17%
3.0 ネットワーク自動化を使用したプライベート IaaS のプロビジョニング  18%
4.0 ハイブリッド IaaS のプロビジョニング  18%
5.0 アプリケーションのプロビジョニングとライフサイクル管理  20%

CCNP Cloud資格300-470試験のテキストは独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。
最新のCCNP Cloud資格300-470勉強材料はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実の300-470試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
弊社のCCNP Cloud資格300-470受験対策を使えば、プライベート IaaS のプロビジョニング、カタログ スケーリングを使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ネットワーク自動化を使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ハイブリッド IaaS のプロビジョニング、アプリケーションのプロビジョニングとライフサイクル管理を行うために試験知識を習得できます。
CCNP Cloud資格300-470問題と回答を丸暗記だけで、試験内容を習得することができます。

1.Cisco Intelligent Automation Cloud is a solution that enables organizations to automate delivery of
physical and virtual servers through the use of a self-service portal. Which two key Cisco products are
used for the automation framework of this solution? (Choose two.)
A. Cisco Process Orchestrator
B. Cisco Prime Service Catalog
C. Cisco Cloud Orchestrator
D. Cisco Server Orchestrator
E. Cisco Process Portal
Answer: A, B

2.Which three statements are true regarding Cisco VACS and its benefit for cloud deployment? (Choose
three.)
A. Cisco VACS offers easy-to-use templates for rapid provisioning.
B. Cisco VACS lacks security although it offers intuitive user interface through Cisco UCS Director.
C. Cisco VACS is a robust container for three-tier or custom application deployment.
D. CSR benefits up to 10-G/ps throughput with the advent of Cisco VACS support.
E. CSR benefits up to 40-G/ps throughput with the advent of Cisco VACS support.
F. Cisco VACS offers a custom application deployment for the Cisco Prime Service Catalog.
Answer: A, C, D

3.The Cisco UCS Director includes a set of wizards that guide through configuring features. Which three
wizards are available in the Cisco UCS Director? (Choose three.)
A. FlexPod Configuration
B. VDC Creation
C. Catalog Configuration
D. Device Discovery
E. Zoning Creation
F. Storage Discovery
Answer: A, B, D

4.A cost model in UCS Director is used to define the unit level costs of which two virtual resources?
(Choose two.)
A. socket
B. CPU
C. RAM
D. NIC
E. vNIC
F. datastore size
Answer: B, C