読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EMCIE認定E20-368受験方法をした方はどうだったのか?

たくさんの受験者がE20-368受験目的は会社からの指示です。
E20-368試験は、実装エンジニア、XtremIO Solutions Specialist(EMCIE)の資格試験です。
EMCIE認定E20-368受験方法をした方はどうだったのか?
EMCIE認定E20-368試験知識ならしっかり勉強して受けたほうがいいです。
E20-368試験を受けるにあたり、PassexamのEMCIE認定E20-368問題集を勉強することを推奨します
弊社のEMCIE認定E20-368参考書を覚えてたりしていて勉強法に問題ありと気づきます。
弊社のEMCIE認定E20-368勉強資料の正解率が90%くらいになり、結果として9割取得し合格することができます。

具体的なEMCIE認定E20-368勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170517145519p:plain

E20-368試験概要:

試験番号:E20-368
試験名称:XtremIO Solutions Specialist Exam for Implementation Engineers
問題数:60問
試験時間:90分
合格ライン:63
対応資格:EMCIE

EMCIE認定E20-368試験では、異種の仮想化されたオープンシステム環境でのXtremIOストレージシステムの実装に関する知識と活動に焦点を当てています。
EMCIE認定E20-368試験には、クラスタのインストールと初期構成、ストレージへのホストアクセスの実装と構成、ローカルレプリケーションの実装、パフォーマンスの監視と最適化、および基本的なトラブルシューティングが含まれます。
Dell EMCは無料の練習テストを提供して、試験準備のための知識を評価します。 練習テストでは、監督された試験で見つかるトピックや質問のタイプに精通することができます。 練習テストの結果は、あなたが監督された試験のためにどのように準備されているかの1つの指標を提供し、さらに勉強して訓練する必要があるトピックを強調表示することができます。 練習テストの合格スコアは、認定試験の合格点数を保証するものではありません。

E20-368試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

XtremIOハードウェアの基礎(10%)
XtremIOハードウェアコンポーネントクラスタ製品の特定と説明
各XtremIOハードウェアポートとそれぞれの目的を説明する

XtremIOインストール(19%)
XtremIOインストールに必要なドキュメントを特定、記述、比較する。 文書を使用すべき特定の順序を含む
個々のXtremIOクラスタのケーブル配線要件の特定と説明、および単一クラスタケーブルと複数クラスタケーブルの比較とコントラスト
要件
ケーブル配線がクラスタ構成まで完了した後のXtremIOのインストール操作の論理的な順序を特定し、説明する
XtremIOのインストール後の手順と手順を特定し、説明します。

XtremIO初期設定(15%)
XtremIO管理サーバー(XMS)のインストールを特定して説明する
オプション、要件、および展開の考慮事項
お客様が必要とするソフトウェアコンポーネントの目的を特定し説明します。
XtremIOのインストー
XtremIO通信接続オプションの特定と説明
(ESRS、FTPS、電子メール)

XtremIOの管理(41%)
XtremIOストレージ管理操作(GUICLI、残り);ユーザーアカウント、アクセス方法
XtremIOボリューム操作の特定と説明
XtremIOホストの構成要件を特定して説明する
特定のMicrosoft Windowsホスト構成要件についてXtremIO環境
VMwareおよびLinuxの特定のホスト構成要件について、XtremIO環境
XtremIOスナップショットの構成、使用、および制限を記述する
XtremIO Data Servicesのメリットと統合の特定と説明特徴
XtremIOのパフォーマンスに関する考慮事項とレポートの特定と説明能力

XtremIOソリューションインテグレーション(15%)
XtremIO RecoverPoint、VPLEX、およびAppSyncの識別と記述
オプション、考慮事項、制限、および特定のユースケース
OracleおよびXtremIOの課題、ベストプラクティス、および
展開に関する考慮事項
VDIおよびXtremIOの課題、ベストプラクティス、および展開について説明する
考察
XtremIO GUIおよびCLIクラスタの状態オプション、電源について説明する
手順、およびIP変更の考慮事項

受験するなら、EMCIE認定E20-368受験対策をやれば大丈夫だと思います
弊社のEMCIE認定E20-368勉強資料は試験専門知識を向上させるだけでなく、環境を整えることが実現されます。
高いEMCIE認定E20-368試験材料を使用すると、短時間で高得点を目指せると思います。
弊社のEMCIE認定E20-368テキストを使用すると、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
真実のEMCIE認定E20-368試験環境と同じのソフト版は最も的中率が高い問題集を提供し、受験者のために、試験環境を適応することができます。
EMCIE認定E20-368無料サンプルをご参照ください。

1.Which key component within EMC XtremIO uses a proprietary algorithm dedicated to fast rebuilds of
data?
A. XDP
B. D@RE
C. RAID-DP
D. eMLC
Answer: A

2.Which key components within EMC XtremIO provide an enterprise grade of high availability?
A. Data-at-Rest Encryption and Snapshots
B. XtremIO Data Protection and Snapshots
C. Thin provisioning and Data-at-Rest Encryption
D. In-line Data Deduplication and Compression
Answer: B

3.A company is running large databases demanding many copies of production databases on-demand
with massive consolidation of dev/test application workloads.
They are looking for a solution that addresses their specific needs without high storage costs or a larger
storage footprint.
Which EMC XtremIO features address their needs?
A. Inline Deduplication and compression
B. High IOPS and ease of use
C. Ease of use and efficiency
D. Low latency and data protection
Answer: A

4.What is used to distribute the data between X-Bricks in a 4 X-Brick cluster?
A. InfiniBand
B. iSCSI
C. FC
D. FCoE
Answer: A

5.Which protocols are supported by XtremIO for host connectivity?
A. FC and iSCSI
B. NFS and FC
C. iSCSI and FCoE
D. FCoE
Answer: A