読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのようにPCNSE7試験を受験しますか?

どのようにPCNSE7試験を受験しますか?
パロアルトネットワークスの認定ネットワーク セキュリティ エンジニア(PCNSE)資格PCNSE7試験の合格者がオススメする実践的な勉強法を紹介します。
PCNSE7試験を独学で勉強する場合、PCNSE7問題集を最優先にすることが最も重要となります。
PassexamのPCNSE7学習材料を勉強したことが非常に役に立ちます。
弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7試験内容を理解していれば合格できると思いました。
弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7勉強資料を使用してから、テキストが出題されました。

具体的なPCNSE7勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170512124756p:plain

PCNSE7試験概要:

認定コンフィグレーション エンジニア(ACE)資格PCNSE7試験では、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールの中核的な特徴と機能に関する知識が求められます。
Palo alto Networks ACE資格PCNSE7試験はインターネット上で行われ、50問の多肢選択問題で構成されます。
Palo alto Networks ACE資格PCNSE7試験は時間制限がなく、合格点を獲得するまで何度でも受験できます。

PCNSE7試験の目的:

Palo alto Networks ACE資格PCNSE7試験の主要目的は、パロアルトネットワークスのファイアウォールをPAN-OSを使用して設定する能力を客観的に示す役割を果たすことです。
Palo alto Networks ACE資格PCNSE7試験に合格するには、PAN-OS設定に関して基礎知識があり、実践的な操作を熟知している必要があります。

PCNSE7試験の利点:

Palo alto Networks ACE資格PCNSE7試験に合格すると、パロアルトネットワークスのファイアウォールをPAN-OSを使用して正しく設定するための基礎知識があることが実証されます。PCNSE7試験は、PCNSE6資格認定に備えるための学習の助けにもなります(パートナーによっては、ACE認定書を使用し、パートナー プログラムを通じて専門性や進歩を検証する場合もあります)。
PCNSE資格PCNSE7試験はパロアルトネットワークベースのネットワークセキュリティ実装の大部分を設計、導入、構成、維持、トラブルシューティングすることができます。
PCNSE7に合格し、プロフェッショナルな強固な行動を示すことは、PCNSE7になるための要件です。
PCNSE資格PCNSE7認定試験は、サードパーティの試験会社Pearson VUEによってホストされ、監督されます。
いずれの試験も、パロアルトネットワーク技術の深い理解を示す準備ができている人なら誰でも行うことができます。
候補者は、顧客、パートナー、システムエンジニア、システムインテグレータ、サポートエンジニアを含むパロアルトネットワークス製品を使用するすべての人が対象です。

PCNSE7試験合格したい場合、弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7参考書を勉強するのが一番いいと思います。
弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7過去問は非常に実用的であり、絶対的に正しいです。
弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。
弊社のPalo alto Networks ACE資格PCNSE7受験対策は理解やすいので、初心者は勉強独学で、試験に合格することができます。
Palo alto Networks ACE資格PCNSE7問題と解答をご参照ください。

1.How is the Forward Untrust Certificate used?
A. It issues certificates encountered on the Untrust security zone when clients attempt to connect to a site
that has be decrypted/
B. It is used when web servers request a client certificate.
C. It is presented to clients when the server they are connecting to is signed by a certificate authority that
is not trusted by firewall.
D. It is used for Captive Portal to identify unknown users.
Answer: C

2.The web server is configured to listen for HTTP traffic on port 8080. The clients access the web server
using the IP address 1.1.1.100 on TCP Port 80. The destination NAT rule is configured to translate both IP
address and report to 10.1.1.100 on TCP Port 8080.
Which NAT and security rules must be configured on the firewall? (Choose two)
A. A security policy with a source of any from untrust-I3 Zone to a destination of 10.1.1.100 in dmz-I3 zone
using web-browsing application
B. A NAT rule with a source of any from untrust-I3 zone to a destination of 10.1.1.100 in dmz-zone using
service-http service.
C. A NAT rule with a source of any from untrust-I3 zone to a destination of 1.1.1.100 in untrust-I3 zone
using service-http service.
D. A security policy with a source of any from untrust-I3 zone to a destination of 1.1.100 in dmz-I3 zone
using web-browsing application.
Answer: CD

3.A company has a pair of Palo Alto Networks firewalls configured as an Acitve/Passive High Availability
(HA) pair.
What allows the firewall administrator to determine the last date a failover event occurred?
A. From the CLI issue use the show System log
B. Apply the filter subtype eq ha to the System log
C. Apply the filter subtype eq ha to the configuration log
D. Check the status of the High Availability widget on the Dashboard of the GUI
Answer: D

4.A network administrator uses Panorama to push security polices to managed firewalls at branch offices.
Which policy type should be configured on Panorama if the administrators at the branch office sites to
override these products?
A. Pre Rules
B. Post Rules
C. Explicit Rules
D. Implicit Rules
Answer: A