読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識ゼロ/未経験者はPMI-ACP試験を合格したかったら、PMI-ACP問題集は不可欠なものです

PMI 認定資格は、プロジェクトマネジメントに関する知識、スキル、能力を認めるものです。
PMI-ACPとは ”PMI Agile Certified Practitioner” の略で、アジャイルの原則およびプラクティスを理解し基本的
なプロジェクトに応用する能力を備えていることを認める、PMI の公式資格の一つです。
PMI-ACP は、アジャイルに関するトレーニング、アジャイル・プロジェクトの実務体験、プロジェクトマネジメントのアジャイル・プラクティスに関する試験合格という要件をすべて満たすことを求められるため、信頼性の高い資格となっています。
知識ゼロ/未経験者はPMI-ACP試験を合格したかったら、PMI-ACP問題集は不可欠なものです。
PMI-ACP(PMI Agile Certified Practitioner (PMI-ACP))試験範囲を97%以上に網羅して一番な試験助手になり8-10時間ぐらいかかるなら、内容を覚えるだけいいです。
弊社のPMI-ACP参考書は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。

具体的なPMI-ACP勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170509150747p:plain

PMI-ACP資格を取得するためには、以下の条件を満たしている必要があります。
アジャイル・プラクティスの分野で 21 時間以上の研修(21PDU)
過去 5 年、プロジェクト・チームで 2000 時間の経験(PMP®または PgMP®資格保有者は申請免除)
過去 3 年、アジャイル・プロジェクト・チーム、もしくはアジャイルの方法論に関する 1500 時間の経験

PMI-ACP試験は 3 時間で、全 120 問の択一方式となっています。合格ラインは PMI から明示的に公表されていませんが、65%以上の正答率が必要と言われています。
PMI-ACP資格取得後の CCR(Continuing Certification Requirements)については、3 年間の認証サイクルでアジャイルの原則およびプラクティスの分野について 30PDU 取得する必要があります。
PMI は、資格保有者が、グローバル水準でのプロジェクトマネジメント関連専門知識とプロフェッショナルとしての経験を備えていることを、公正な立場で保証します。

弊社のPMI-ACP(PMI Agile Certified Practitioner (PMI-ACP))問題集はあなたの独自の品質を向上させるだけでなく、完璧な人生価値を実現することも助けます。
弊社のPMI-ACP勉強資料を選ばれば短時間にITの知識を身につけることができて、高い点数をとられます。
弊社のPMI-ACP受験対策は真実の試験に緊密な相似性があります。
もし、PMI-ACP試験に失敗したら、全額で返金いたします。最優秀なPMI-ACP試験資料を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。
最新のPMI-ACP学習材料はPDF版とソフト版を提供しますので、どこでも勉強してもいいです。
買う前に、PMI-ACP無料サンプルでダウンロードできます。

1.What key benefits might stakeholders realize from an Agile approach?
A. The ability to bypass the change-management process, inserting new requirements and changes
directly into the team as they meet daily
B. The early and continuous delivery of valuable software, providing increased visibility and the
opportunity for more frequent adjustments
C. Increased access to the project and less reliance on formal reports and status meetings to better
understand the current work and the risks the team is accepting
D. The team’s flexibility to make changes mid-iteration as business needs or priorities change, increasing
the ability of the team to meet project commitments
Answer: B

2.What is the first thing that a team should do to estimate user stories for a project?
A. Sort the user stories according to priority.
B. Schedule a team meeting to understand them.
C. Define the story points measure.
D. Estimate through function point analysis.
Answer: C

3.A story point is the:
A. Relative measure of the size of a user story.
B. Duration it takes to complete a user story.
C. Priority of the user story in the backlog.
D. Business value of the user story.
Answer: A

4.According to the Agile Manifesto, which of the following describes the more valued items?
A. Customer collaboration, following a plan, working software, and individual interactions
B. Working software, individual interactions, responding to change, and comprehensive documentation
C. Individual interactions, working software, customer collaboration, and responding to change
D. Responding to change, individual interactions, processes and tools, and customer collaboration
Answer: C

5.On a particular project, product quality is being measured at regular intervals and is consistently below
the acceptable level.
In a Lean environment, how should this problem be addressed?
A. The team should implement more rigorous testing at the end of each development cycle.
B. Management should direct the team on specific actions that they should take to improve quality.
C. Management should guide the team as it seeks to improve itself and reduce errors in the system.
D. The Project Champion should review the acceptable quality threshold to ensure that it is realistic.
Answer: C