読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験者は早いCCNP Data Center 認定300-180試験を取得したいですか?

CCNP Data Center 認定の取得を目指す受験者は、2017年7月3日まで、300-180 DCIT または 642-035 DCUCT または 642-035 DCUCT から、受験する試験を選択できます。
受験者は早いCCNP Data Center 認定300-180試験を取得したいですか?
CCNP Data Center 認定300-180試験獲得を目指して勉強するサイトはPassexamをおすすめします。
CCNP Data Center 認定300-180問題集を使用すれば、一回だけでテストに合格できるように、職業技能を増強られます。
一問一答のCCNP Data Center 認定300-180問題集や暗記用の教材と同じく、通勤途中や休憩時間などの隙間時間に勉強するツールとして、スマホ向けのアプリもいろいろと開発されています。

具体的な300-180勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170502154947p:plain


弊社のCCNP Data Center 認定300-180(Troubleshooting Cisco Data Center Infrastructure)試験範囲を97%以上に網羅して一番な試験助手になり8-10時間ぐらいかかるなら、内容を覚えるだけいいです。

Troubleshooting Cisco Data Center Infrastructure試験(300-180 DCIT)は 60 ~ 70 問で構成される 90分の試験です。
CCNP Data Center 認定300-180試験では、シスコのデータセンター インフラストラクチャのトラブルシューティングに関する知識が問われます。
CCNP Data Center 認定300-180試験には、データ ネットワーク プロトコル、ネットワークの仮想化と自動化、アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)、ストレージ、コンピューティング プラットフォーム、管理と運用が含まれます。
CCNP Data Center 認定300-180試験の出題内容に合わせたトレーニングには、Troubleshooting Cisco Data Center Infrastructure v6(DCIT)コースがあります。

CCNP Data Center 認定300-180試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

1.0 データ ネットワーク プロトコルトラブルシューティング  26%
2.0 ネットワークの仮想化と自動化のトラブルシューティング  13%
3.0 アプリケーション セントリックインフラストラクチャのトラブルシューティング  13%
4.0 データセンター ストレージのトラブルシューティング  17%
5.0 データセンター コンピューティングプラットフォームのトラブルシューティング  21%
6.0 データセンター管理と運用のトラブルシューティング  10%

提供した資料を利用してCCNP Data Center 認定300-180(Troubleshooting Cisco Data Center Infrastructure)認証試験は問題にならないだけでなく、高い点数も合格することができます。
弊社のCCNP Data Center 認定300-180練習問題は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
弊社のCCNP Data Center 認定300-180学習材料はあなたの独自の品質を向上させるだけでなく、完璧な人生価値を実現することも助けます。

1. Topic 1, Questions Set 1
A customer is trying to boot an operating system that is installed on the eUSB on a Cisco UCS B-Series
blade server; however, the boot fails.
What is the cause of this failure?
A. The local disk must be the first device in the boot order.
B. eUSB is not a supported boot device.
C. eUSB support is available only on the Cisco UCS C-Series rack server.
D. eUSB is not the first device in the boot order for the server.
Answer: D

2.A customer is troubleshooting degraded DIMM errors on a Cisco UCS blade server and would like to
reset the BMC.
What is the correct command sequence to reset the BMC?
A. UCS1-A# server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
B. UCS1-A# server scope
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
C. UCS1-A# scope server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
D. UCS1-A# scope server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
Answer: C

3.Which commands can you enter to see if a component in the Cisco UCS domain generated a core file?
A. 6100-A# scope monitoring
6100-A /monitoring # scope sysdebug
6100-A /monitoring/sysdebug # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
---------- ---------
B. 6100-A# scope sysdebug
6100-A /sysdebug # scope monitoring
6100-A /sysdebug/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
---------- ---------
C. 6100-A# scope system
6100-A /system # scope monitoring
6100-A /system/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
---------- ---------
D. 6100-A# scope cores
6100-A /cores # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
---------- ---------
E. 6100-A# scope logging
6100-A /logging # scope monitoring
6100-A /logging/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
---------- ---------
Answer: A

4.Which four tech support files can you create with the Cisco UCS Manager that you can submit to Cisco
TAC for support? (Choose four.)
A. UCSM
B. disk LUNs
C. fabric extender
D. memory
E. rack server
F. chassis
G. server cache
Answer: A, C, E, F