読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レベル 3 303 303-200試験合格の勉強法がほしいでしょうか?

レベル 3 303 303-200試験合格の勉強法がほしいでしょうか?
早くて303-200試験を通りたいですか?Passexamを選択します。
Passexamは最新の303-200試験トレーニング資料を入手することを意味します。
弊社のLPIC レベル 3 303-200(LPIC-3 Exam 303: Security, version 2.0)練習問題集では、知識の宝物の家を見つけることができます。
LPIC レベル 3 303-200トレーニング方法は受験生の皆さんに短い時間で予期の成果を取らせます。

具体的なレベル 3 303-200勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170424163004p:plain

レベル 3 303-200出題範囲改訂の背景とメリット:
IT システムへの攻撃は、手法?経路とも年々複雑化?多様化しています。303 試験 Ver1.0 がリリースされた 2009 年から5 年を経て、今回の出題範囲の改訂では近年の傾向を反映して Linux およびオープンソースの最新のセキュリティ技術を取り入れて再編成いたしました。
303 試験 Ver2.0 では、各種アプリケーションと X.509 証明書の範囲の拡張、DNSSEC の追加、ホストおよびネットワークでの侵入検知と監視技術を拡張しています。
303 試験 Ver2.0 の認定を保有することで、Linux およびオープンソースで必要な最新のセキュリティの知識と技術力を有していることを証明できます。

新バージョン(Ver2.0)リリース後の「6 ヶ月間」は、旧バージョン(Ver1.5)を選択して受験することもできます。
LPIC レベル 3試験に関連する資料を探しているとき、Passexamの303-200問題集を見つけることができます。
弊社のLPIC レベル 3 303-200勉強資料を使用すれば、あなたは明るい未来と保持高い注意を払う必要があります。
弊社のLPIC レベル 3 303-200受験対策を勉強したら、高い技能を身につけていることも証明できます。
もし、303-200学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。

有意な LPIC レベル 2 を保有し、303 (LPIC-3 Exam 303: Security, version 2.0)試験に合格すれば、LPIC-3 Specialty LPI-303 Security に認定されますが、この分野の技術の進展は著しいため、新バージョンでの受験をお勧めします。
レベル 3 303-200出題範囲にあるそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされている。
重みの範囲は概ね1~10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。
LPIC レベル 3 303 試験(Ver2.0)の出題範囲:
暗号化
ホストセキュリティ
アクセス制御
ネットワークセキュリティ

最も最新のLPIC レベル 3 303-200試験内容を提供し、無料の24時間のオンライン顧客サービスを提供することができます。
もし、303-200試験に合格する自信を持っていないなら、ここで最高のPassexam問題集を推奨します。
LPIC レベル 3 303-200無料サンプルを使用してから、もっと自信を増やす。

1.Which of the following access control models is established by using SELinux?
A. Security Access Control (SAC)
B. Group Access Control (GAC)
C. User Access Control (UAC)
D. Discretionary Access Control (DAC)
E. Mandatory Access Control (MAC)
Answer: E

2.Which of the following prefixes could be present in the output of getcifsacl? (Choose THREE correct
answers.)
A. ACL
B. GRANT
C. GROUP
D. OWNER
E. SID
Answer: A,C,E

3.What effect does the following command have on TCP packets?
iptables- A INPUT -d 10 142 232.1 -p tcp -dport 20:21 -j ACCEPT
A. Forward all TCP traffic not on port 20 or 21 to the IP address 10.142 232.1
B. Drop all TCP traffic coming from 10 142 232.1 destined for port 20 or 21.
C. Accept only TCP traffic from 10.142 232.1 destined for port 20 or 21.
D. Accept all TCP traffic on port 20 and 21 for the IP address 10.142.232.1
Answer: C

4.How are SELinux permissions related to standard Linux permissions? (Choose TWO correct answers.)
A. SELinux permissions overnde standard Linux permissions.
B. standard Linux permissions override SELinux permissions.
C. SELinux permissions are verified before standard Linux permissions.
D. SELinux permissions are verified after standard Linux permissions.
Answer: B,D

5.Which of the following commands disables the automatic password expiry for the user usera?
A. chage --maxdays none usera
B. chage –maxdays 99 usera
C. chage --maxdays -1 usera
D. chage --lastday none usera
E. chage --lastday 0 usera
Answer: C