読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務に役立つ内容を学べて、MCTS: Windows Server 2008 認定資格も取れていいことづくしです

業務に役立つ内容を学べて、MCTS: Windows Server 2008 Active Directory, Configuration 認定資格も取れていいことづくしです。
初心者の方は、MCTS: Windows Server 2008資格70-640問題集を一読することをお勧めします。
最新のMCTS: Windows Server 2008資格70-640試験内容を習得でき、一回だけで70-640試験を受かることができ、大切な時間を節約します。
弊社のMCTS: Windows Server 2008資格70-640テキストはPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のMCTS: Windows Server 2008資格70-640試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。

具体的な70-640勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170417161958p:plain


先日、他のお客様のフィードバックによって、弊社のMCTS: Windows Server 2008資格70-640問題集で受験した、825点を取りました。でも、合格オンライン点は700点です。MCTS: Windows Server 2008資格70-640受験記は下記とおりです。

【試験コード】
70-640

【受験日】
2017/04/3

【合格点】
700点

【取得点】
825点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1か月

【問題数】
50

【出題形式 】
単一選択,複数選択,リスト選択(単一),リスト選択(複数),ドラッグ&ドロップ,並べ替え,クリックマップ(画面上をクリックする)

【試験時間】
150分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
ひと目でわかるActive Directory Windows Server 2008 R2
Passexam社問題集

【試験の感想】
70-640合格しました。
直前に勉強した模擬問題に類似した問題が出ました。
とても役に立ちました。
ありがとうございました。

70-640試験概要:

試験番号:70-640
試験名称:Windows Server 2008 Active Directory の構成
配信開始: 2008 年 3 月 6 日
言語: 英語、ドイツ語、日本語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows Server 2008
対応資格: MCPMCTSMCITP、MCSA
受験料:21103円

Windows Server 2008 資格に関するマイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト (MCTS) は、中企業または大企業の複雑なコンピューティング環境で働く IT (情報技術) プロフェッショナルを対象にしています。
MCTS 70-640の受験者は、次の特徴を備えた環境で、Windows Server 2008 R2 の実装および管理の経験を 1 年以上積んでいることが必要です。
250 ~ 5,000 人を超えるユーザーがいる。
複数の物理的な場所、複数のドメイン コントローラーがある。
メッセージング、データベース、ファイルと印刷、ファイアウォール、インターネット アクセス、イントラネット、公開キー インフラストラクチャ、リモート アクセス、リモート デスクトップ、仮想化、クライアント コンピューター管理などのネットワーク サービスとリソースがある。
リモートの場所のブランチ オフィスと個々のユーザーの企業リソースへの接続、企業ネットワークの接続などの接続性要件がある。

70-640試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

Active Directoryドメイン ネーム システム (DNS) の構成 (18%)
Active Directory インフラストラクチャの構成 (17%)
Active Directory ロールとサービスの構成 (14%)
Active Directory オブジェクトの作成と保守 (18%)
Active Directory 環境の保守 (18%)
Active Directory 証明書サービスの構成 (15%)

実際のMCTS: Windows Server 2008資格70-640認定試験と比べて非常に同様の質問の95%以上を含むのも保証します。
実際なMCTS: Windows Server 2008資格70-640試験の内容を完全にカバーし、90点以上で認定試験をパスすることが可能です。
もし、受験者はMCTS: Windows Server 2008資格70-640認証試験に関する学習資料をしっかり勉強して、成功することも簡単になります。
最全面的なMCTS: Windows Server 2008資格70-640問題と解答を提供するだけでまく、一年間の無料更新サービスも提供いたします。

1.You have a single Active Directory domain. All domain controllers run Windows Server 2008 and are
configured as DNS servers. The domain contains one Active Directory-integrated DNS zone. You need to
ensure that outdated DNS records are automatically removed from the DNS zone.
What should you do?
A. From the properties of the zone, modify the TTL of the SOA record.
B. From the properties of the zone, enable scavenging.
C. From the command prompt, run ipconfig /flushdns.
D. From the properties of the zone, disable dynamic updates.
Answer: B
Explanation:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc753217.aspx
Set Aging and Scavenging Properties for the DNS Server
The DNS Server service supports aging and scavenging features. These features are provided as a
mechanism for performing cleanup and removal of stale resource records, which can accumulate in zone
data over time. You can use this procedure to set the default aging and scavenging properties for the
zones on a server.
Further information:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc771677.aspx
Understanding Aging and Scavenging

2.Your network consists of a single Active Directory domain. All domain controllers run Windows Server
2008 R2. The Audit account management policy setting and Audit directory services access setting are
enabled for the entire domain. You need to ensure that changes made to Active Directory objects can be
logged. The logged changes must include the old and new values of any attributes.
What should you do?
A. Run auditpol.exe and then configure the Security settings of the Domain Controllers OU.
B. From the Default Domain Controllers policy, enable the Audit directory service access setting and
enable directory service changes.
C. Enable the Audit account management policy in the Default Domain Controller Policy.
D. Run auditpol.exe and then enable the Audit directory service access setting in the Default Domain
policy.
Answer: A
Explanation:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc731607%28v=ws.10%29.aspx
AD DS Auditing Step-by-Step Guide
In Windows Server 2008 you can now set up AD DS auditing with a new audit subcategory to log old and
new values when changes are made to objects and their attributes.