読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Avaya ACIS資格7130X問題を解く上で,理解しながら,暗記した方が良いです

7130Xは知識問題なので、どれだけ過去問で正しい知識を身に付けられるかが勝負の試験です。
Avaya ACIS資格7130X問題集がなく、ひたすら公式テキストを読み、Webで知識を拾うことが試験勉強でした。
Avaya ACIS資格7130X勉強資料だけではカバーできる問題が出ることもあるので、試験に合格することができます。
弊社のAvaya ACIS資格7130X参考書は試験と同じレベルの問題が出題されてます。
弊社のAvaya ACIS資格7130X(Avaya Aura? Communication Applications Integration Exam)試験材料を使用したら、3日だけ、7130X試験内容を暗記してから、試験に合格することができます。

具体的な7130X勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170414110636p:plain


最新の7130X受験対策をしっかり理解し、暗記すればなんとか試験合格できます。
弊社のAvaya ACIS資格7130X学習材料はチェックシステムにて、理解の定着を効果的に確認することができます。
弊社のAvaya ACIS資格7130X参考書の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
最新のAvaya ACIS資格7130X(Avaya Aura? Communication Applications Integration Exam)問題集は少し値段が高いですが、確実に合格を目指すなら勉強した方が良いです。
弊社のAvaya ACIS資格7130X問題を解く上で,理解しながら,暗記した方が良いです。
7130X問題と回答を覚えるだけでは駄目でしょうが、問題を解いて意味などを理解しておけば問題なく合格できると思います。

1.Before SIP Trunking configuration can begin, which state must the Avaya Session Border Controller for
Enterprise (SBCE) be in?
A. Registered
B. Provisioned
C. Commissioned
D. Ready
Answer: C
Explanation:
Prerequisite Conditions for SIP Trunking
Starting point for SIP-trunking administration:
System Management > Installed tab shows SBC(s) Commissioned indicates a successful initial console
configuration.
References: Avaya Aura Session Border Controller Enterprise Implementation and Maintenance (2012),
page 302

2.After the initial provisioning script has been run you see your Avaya Session Border Controller for
Enterprise (SBCE) displaying a Registered state in the Web GUI. You click on the install link in the EMS
System Management > Devices menu to continue the installation.
After displaying a status of Provisioning for a short while, which status does the SBCE display?
A. Commissioned
B. Up
C. Busyout
D. Maintenance-Busy
Answer: A

3.From a remote worker’s SIP Endpoint connected via Mobile Workspace, which tool is used to trace the
successful way through Avaya Session Border Controller for Enterprise (SBCE) of an Invite message?
A. traceRT
B. traceSM
C. traceMW
D. traceSBC
Answer: B
Explanation:
traceSM is an interactive perl script that allows an administrator to capture, view, and save call processing
activity on a Session Manager. While not as powerful or versatile as wireshark, traceSM is absolutely
essential when it comes to working with Avaya SIP. First off, it allows you to view SIP messages even if
they have been encrypted with TLS.