読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのようにあなたが2V0-631試験に合格確実にするために、この試験の準備をしますか?

どのようにあなたが2V0-631試験に合格確実にするために、この試験の準備をしますか?
2V0-631試験合格取得だけを目指すのであれば、VCP6-CMA認定2V0-631問題集の暗記のみで行けると思います。
短期集中で勉強すれば、弊社のVCP6-CMA認定2V0-631参考書で1~2週間で十分だと思います。
実際のVCP6-CMA認定2V0-631試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
最新のVCP6-CMA認定2V0-631勉強資料は試験センターから解いたなので、97%以上の正解の答えを出るわけがないと思います。
弊社のVCP6-CMA認定2V0-631参考書を全て金にすれば合格でき、1回だけ問題を解きます。

具体的な2V0-631勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170405150912p:plain

2V0-631試験概要:

VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation Exam」(2V0-631)は、制限時間 120 分、出題数 85 問、試験言語:英語及び日本語版、試験形式:択一問題及び複数回答、合格点:300点、推奨トレーニング:VMware vRealize Automation: Install, Configure, Manage [V6.2]、検証:vRealize Suite、受験料:250ドルのVCP6-CMA認定資格に関連する試験です。
VCP6-CMA認定2V0-631試験は、データセンター内の主要なプロセスを自動化する能力を検証し、vRealize Automationを反復可能でスケーラブルな方法で活用することで、効率と生産性が向上します。

最新のVCP6-CMA認定2V0-631問題集を使用すると、チームが実行するより複雑な日常業務を簡素化および標準化し、組織内の信頼性と価値を高めることができます。
受験者は試験を受ける前に弊社のVCP6-CMA認定2V0-631受験対策を使えば、きっとパスことができます。
高いVCP6-CMA認定2V0-631試験材料を使用すると、短時間で高得点を目指せると思います。
弊社のVCP6-CMA認定2V0-631受験対策で正解までの考え方を含めて理解すれば合格できます。

2V0-631試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

+セクション1:vRealize Suiteコンポーネントのインストール、設定、およびアップグレード
+セクション2:vRealizeの自動化ユーザー、ロールおよび権限の管理
+セクション3:クラウドネットワーキングの作成と管理
+セクション4:テナントとビジネスグループの設定と管理
+セクション5:割り当てと管理v自動化リソースの実装
+セクション6:vRealizeオートメーションコンポーネントの作成と管理
+セクション7:vRealizeオートメーション実装の監視とトラブルシューティング
+セクション8:vRealize Orchestratorの構成と管理
+セクション9:vRealizeビジネススタンダードの設定と管理
+セクション10:vRealizeアプリケーションサービスの設定と管理

弊社のVCP6-CMA認定2V0-631問題集はPDF形式およびソフトウェア形式で提供されています。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。
ソフト版:真実の2V0-631試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
最新のVCP6-CMA認定2V0-631問題集の正解率が90%くらいになり、結果として9割取得し合格することができます。
もし、VCP6-CMA認定2V0-631試験材料を購入し、試験を受けましたが落ちて場合、アカウントに返金いたします。
独学で勉強する際に、良質なVCP6-CMA認定2V0-631問題と回答ついている参考書を選ぶことが大切です。

1.The Goal Navigator assists administrators in which two ways? (Choose two.)
A. Lists all the steps to complete the tasks.
B. Lists all the prerequisites to complete the task.
C. Validates that a task has been successfully completed.
D. Provides details on how to complete the forms for a task.
Answer: A, B

2.How can an administrator make a commonly used development environment available for end-users to
deploy?
A. Use vCenter Server templates to deploy the virtual machines needed for the service.
B. Use the Service Catalog to publish the virtual machines needed for the service.
C. Use the vCloud Connector to deploy the virtual machines needed for the service.
D. Use vRealize Application Services to deploy the virtual machines needed for the service.
Answer: B

3.Senior IT leadership wants information to help determine workload placement and tradeoffs between
buying new hardware or using a public cloud provider.
What VMware product provides that information?
A. vRealize Business
B. vCenter Chargeback
C. vCenter Configuration Manager
D. vRealize Operations
Answer: A

4.What vRealize Automation feature uses a library of standard components, or services, to automate and
manage the update life cycle of deployments?
A. Application Services
B. Service Catalog
C. Orchestrator
D. Advanced Service Designer
Answer: A

5.An administrator needs to account for the daily cost of operating a virtual machine as well as the cost of
the software deployed on the virtual machine.
What action should the administrator take in vRealize Automation to provide the needed information?
A. Assign a Blueprint Cost to the virtual machine blueprint.
B. Assign a vRealize Business Operation Cost to the virtual machine blueprint.
C. Assign a Daily Compute Cost to the virtual machine blueprint.
D. Assign a vRealize Business Usage Cost to the virtual machine blueprint.
Answer: A