読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独学でSVC-16A受験の高い得点を目指すのはたぶん難しいと思います

独学でSVC-16A受験の高い得点を目指すのはたぶん難しいと思います。
SVC-16A試験の難易度的には、最新のSVC-16A問題集だけでも対応できます。
SVC-16A試験に合格すると、Apple Certified Mac Technician (ACMT) 2016 認定と Apple Certified iOS Technician (ACiT) 2016 認定の前提条件を満たしたことになります。
Apple ACMT資格SVC-16A問題集を使用すれば、SVC-16A試験合格に不可欠です。
弊社のApple ACMT資格SVC-16A学習資料を勉強したら、知識ゼロの初心者でもいいです。
業務経験が無い受験者のためにApple ACMT資格SVC-16A参考書の内容を読んでから、きっと試験に合格することができます。

具体的なSVC-16A勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170403171341p:plain

SVC-16A試験概要:

試験番号:SVC-16A
試験名称:Apple Service Fundamentals
セクション数:5
目標の数:27
総項目数:60
合格点:全体の 80% (60 項目中 48 項目正答で合格)
試験時間:2 時間
試験の冒頭に、受験者に関する質問が 7 項目あります。これらは採点対象外です。回答に要した時間は、2 時間の制限時間には含まれません。
この試験に合格するには、個別に採点される 2 つのセクションにそれぞれ合格する必要があります。上記の合格点に達していても、以下のセクションに合格しない場合は、認定資格を得られません。
「静電気放電対策」セクション (12 項目中 10 項目正答で合格)
「技術者の安全」セクション (12 問中 10 問正答で合格)

Apple Service Fundamentals SVC-16Aで出題されるセクションとトピックは以下の通りです。

顧客体験 (20 項目)
修理、アップグレード、または製品の追加によってお客様の問題を直接解決できることが明らかになるように、適切にポジショニングを行う。
共感、見込みの説明、修理サービスを拒否する際のポジショニング、衝突の解決など、お客様への効果的な対応に役立つ接客スキルを理解し活用する。
電話対応での適切な顧客管理スキルを理解する。
優れた顧客体験につながるポジティブなボディーランゲージ、しぐさ、言葉を理解する。
お客様からさらなる情報を引き出すうえで役立つ積極的に耳を傾けるテクニックを理解し活用する。
情報を収集し確認するための適切なオープン型の質問とクローズ型の質問を理解し活用する。
問題についてお客様と同意する際に役立つ復唱と要約のスキルを理解し活用する。
解決に向けた現実的な見込みを適切に説明する方法を理解し活用する。
お客様に説明する方法を理解し活用する。

静電気放電対策 (12 項目)
静電気放電対策を正しく理解し、実践する。
静電気放電の規則に準じた作業台に必要なコンポーネントを正しく特定する。
適切な工具、機器、手順を用いて、静電気放電による損傷を最小限に抑える、または損傷が起きないようにする作業スペースを設定する。
特定の製品について、静電気放電による損傷の影響を適切に判断する。
静電気放電に関する一般的な誤解と、これらが間違っている理由を正しく理解する。

技術者の安全 (12 項目)
お客様による説明のうち、安全第一のケースに該当するものを特定する。
リチウムイオン/ポリマーバッテリーの取り扱いに際しては、特に慎重を期すことが重要である点を説明する。
バッテリーおよびポータブルコンピュータのバッテリー付きケースアセンブリの取り扱い方法を適切かつ安全に実演する。
損傷したバッテリーおよびポータブルコンピュータのバッテリー付きケースアセンブリの痕跡と症状を認識および特定する。
バッテリー、およびポータブルコンピュータのバッテリー付きケースアセンブリに関するさまざまな事故に対応する/内蔵バッテリーに関する事故に対応する。

修理サービスおよび記録 (4 項目)
Apple 製品のシリアル番号を確認し、シリアル番号に基づいて保証範囲を判断する。
不適切なケースノートによって修理サイクルと顧客満足度にどのような影響が及ぶか説明する。
明確かつ簡潔で完全なケースノートの要素を挙げる。
技術者によるケースノートの例で、誤りを指摘し、修正する。

基本的なトラブルシューティング (12 項目)
Apple とお客様にとって、的確なトラブルシューティングが重要であることについて説明する。
基本的なトラブルシューティングと演繹的推理のスキルを実演する。
効果的な質問テクニックと第 1 レベルの評価および切り分けスキルを活用する。ハードウェア関連の問題、ソフトウェア関連の問題、説明によって解決する問題、環境的要因によって起こる問題を識別する。
トラブルシューティングプロセスに役立つツールやリソースを挙げる。

弊社のApple ACMT資格SVC-16A試験材料を勉強することだけで楽に試験に合格することができます。
正しいApple ACMT資格SVC-16A練習問題はカバー率が高いです。
弊社のApple ACMT資格SVC-16A参考書を使って、受験の得る新しい解決方法を提供して、8時間から12時間ぐらいかかるなら、一発合格が可能です。
もし、Apple ACMT資格SVC-16A試験資料は100%合格できない場合、弊社はお客様にご連絡させて頂きます。
弊社のApple ACMT資格SVC-16A受験対策は問題を解いている最適は思います。
基本的な知識があれば、弊社のApple ACMT資格SVC-16Aテキストを一通り学習する事で、高得点が狙えると思います。