読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1Z0-068試験知識ならしっかり勉強して受けたほうがいいです

1Z0-068試験知識ならしっかり勉強して受けたほうがいいです。
1Z0-068試験合格取得だけを目指すのであれば、章末問題と模擬試験の暗記のみで行けると思います。
1Z0-068試験の難易度が難しく、Oracle Database 12c資格1Z0-068問題集を主にするのがいいと思います。
弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068勉強資料を覚えてたりしていて勉強法に問題ありと気づきます。
弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068参考書の使用だけやっていれば受けてもいいと思います。
弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068試験材料を全て金にすれば合格でき、1回だけ問題を解きます。
受験者は試験を受ける前に弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068受験対策を使えば、きっとパスことができます。
高いOracle Database 12c資格1Z0-068試験材料を使用すると、短時間で高得点を目指せると思います。

具体的な1Z0-068勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170330125347p:plain

1Z0-068試験概要:

試験番号:1Z0-068
試験名称:Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administration
関連資格:Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator
試験時間:150 分
問題数:90 問
合格ライン:試験全体で 60*%
追加情報:
不正行為に関するポリシー
再受験について
合格ラインについて
1Z0-068試験には3つのセクションがあります。試験に合格するためには、3つの各セクションの合格ラインを上回る必要があります。また、試験全体では 60% を上回る必要があります。
【各セクションの合格ライン】
Oracle Database 12c: RAC の管理」- 66%
Oracle Database 12c: Grid Infrastructure の管理」- 44%
「自動ストレージ管理(ASM)の管理」- 33%
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円

Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator 認定資格は、1~2 年の RAC および Grid Infrastructure の経験を持つ、データベースのシステム管理者およびデータベース管理者を対象とした資格です。
Oracle Database 12c資格1Z0-068試験合格は高可用性およびクラスタに関する知識が必要となります。
Oracle Database 12c資格1Z0-068認定試験の主な出題内容は、Clusterware、ASM および Oracle RAC データベース?アーキテクチャのインストール、構成、バックアップ/リカバリ、監視およびチューニングです。

1Z0-068試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

Oracle Database 12c: RAC の管理」セクション:
Grid Infrastructure
RAC データベースおよびアーキテクチャ
Oracle RAC のインストールと構成
Oracle RAC の管理
RAC のバックアップとリカバリの管理
グローバル?リソースの管理
RAC データベースの監視と調整
サービスの高可用性の管理
接続およびアプリケーションの高可用性の管理
Oracle RAC のアップグレードとパッチ適用
Oracle RAC One Node の管理
Oracle Database のサービス品質(QoS)管理の使用
RAC 環境におけるマルチテナント?アーキテクチャの使用

Oracle Database 12c: Grid Infrastructure の管理」セクション:
Clusterware の概要
Oracle Clusterware のアーキテクチャ
フレックス?クラスタ
Grid Infrastructure のインストールの計画と事前タスク
Grid Infrastructure のインストール
クラスタ?ノードの管理
従来の Clusterware の管理
ポリシー?ベースのクラスタ管理
Grid Infrastructure のアップグレードとパッチ適用
Oracle Clusterware のトラブルシューティング
Oracle Clusterware によるアプリケーションの高可用化

「自動ストレージ管理(ASM)の管理」セクション:
ASM の概要
ASM インスタンスの管理
フレックス ASM
ASM ディスク?グループの管理
ASM ファイル、ディレクトリおよびテンプレートの管理
Oracle CloudFS の管理
Oracle CloudFS の高度なトピック

知識問題に対応する為に、現在のところでは、弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068問題集での勉強が効果的だと思います。
最新のOracle Database 12c資格1Z0-068参考書は何度も繰り返し勉強し、正答率は約97%以上になります。
実際のOracle Database 12c資格1Z0-068試験はこれよりも難しいので、きちんと内容を理解しておく必要があります。
弊社のOracle Database 12c資格1Z0-068試験のテキストだけで合格された方は素晴らしいと思います。
Oracle Database 12c資格1Z0-068問題を解いて答えを覚えているだけでは、試験に合格することができます。

1.Which statement is true concerning the installation of an Oracle Grid Infrastructure 12c patchset and its
status during the installation?
A. Some grid infrastructure patchsets may not be installed in a rolling fashion.
B. They can be applied in-place.
C. When performing rolling patches, crsctl query crs softwareversion always displays the lowest version
of thesoftware running anywhere in the cluster
D. When performing rolling patches, the VIPs for the node being patched are relocated to another node.
Answer: C

2.Which two statements are true about ASM default templates?
A. Default data file templates are only created by ASM when a normal redundancy disk group is created.
B. Default template settings for redundancy depends on the disk group redundancy.
C. Default templates for a disk group can be modified.
D. Default template setting for striping depends on disk group redundancy.
E. Templates may be shared across disk groups.
Answer: A,B
Explanation:
Default template settings depend on the disk group type. The default template for data files for a normal
redundancy.
Reference: http://docs.oracle.com/cd/E11882_01/server.112/e18951/asmfiles.htm#OSTMG139

3.Which three types of patches and upgrades are supported for Oracle Grid Infrastructure 12c?
A. in-place upgrades using the Oracle Universal Installer
B. out-of-place patching for patch bundles
C. in-place patching for patch bundles
D. out-of-place upgrades using the Oracle Universal Installer
E. in-place patching for one-off patches
F. in-place patching for patch sets
Answer: A,B,E

4.Which three statements are true about the Global Enqueue Service and Global Enqueue Service (GES)
Resources in Oracle 12c RAC?
A. The mastering instance for a GES resource is never the same as the instance that owns the enqueue
inexclusive mode.
B. The LMD0 runs only on the instance that masters all GES resources.
C. When a GES resource is dequeued, converters if any exist for that resource, are processed before
anywaiter for that resource.
D. The LMD0 process on the requesting instance communicates with the LMD0 process on the mastering
instance if they are not the same instance.
E. The mastering instance for a GES resource is never the same as the instance that owns an enqueue
inshared mode.
F. An LMD0 process runs on all instances.
G. The foreground process on the requesting instance communicates with the LMD0 process on the
mastering instance if they are not the same instance.
Answer: A,F,G

5.Which statement is true about using OPatch to patch Oracle Grid Infrastructure 12c?
A. All grid infrastructure patches may be applied in a rolling fashion with Opatch.
B. Opatch can patch all cluster nodes simultaneously without stopping the clusterware on all nodes.
C. Opatch can patch all cluster nodes simultaneously only for nonrolling patches.
D. Applying patches with Opatch must be done in an out-of-place fashion.
Answer: A