読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LPIC-3 303-200試験の難易度が高いので、独学で勉強期間が長いと思います

LPIC-3 303-200試験に合格したい場合、どうやって勉強したらいいですか?
303-200認定試験だけ欲しいならLPIC-3 303-200問題集の丸暗記で取れると思います。
LPIC-3 303-200試験の難易度が高いので、独学で勉強期間が長いと思います。
ほとんど弊社のLPIC-3 303-200の内容を記憶できて、問題の解答を確実に覚えれば実務経験のない方でも合格できると思います。
最新のLPIC-3 303-200問題集をしっかり理解し、暗記すればなんとか試験合格できます。
実際のLPICレベル3「Specialty」 303-200テストであなたの経験を繰り返すことができるようになります。
良いLPIC-3 303-200試験の勉強法は初心者としても303-200試験に合格することができます。

具体的な303-200勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:itsankousyonnituite:20170325162024p:plain

レベル 3 303 試験の出題範囲改訂(Ver2.0)について:
レベル 3 303-200出題範囲改訂の背景とメリット:
IT システムへの攻撃は、手法?経路とも年々複雑化?多様化しています。303 試験 Ver1.0 がリリースされた 2009 年から
5 年を経て、今回の出題範囲の改訂では近年の傾向を反映して Linux およびオープンソースの最新のセキュリティ技術
を取り入れて再編成いたしました。
303 試験 Ver2.0 では、各種アプリケーションと X.509 証明書の範囲の拡張、DNSSEC の追加、ホストおよびネットワークでの侵入検知と監視技術を拡張しています。
303 試験 Ver2.0 の認定を保有することで、Linux およびオープンソースで必要な最新のセキュリティの知識と技術力を
有していることを証明できます。
303-200試験概要:
試験番号:303-200
試験名称:LPI 303 Security Exam
受験の前提条件:303-200受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル2」を保有している必要があります。
受験費用:30,000円(消費税別)です。
問題数:約60問
試験時間:90分
平均勉強期間:一般的な勉強期間の目安としては、半年~1年程度です。

LPI 303 Security Examは、下記が問題なく行えるというレベルの試験内容となっています。
?出題範囲で概説されている、必要なスキルと経験があること。
?マルチサイトの企業や負荷が非常に高いインターネットサイトなどのように、複雑な自動化の問題向けにカスタマイズしたソリューションを設計して実装することができること。
?プロジェクトを開始し、予算を意識して作業することができること。
?アシスタントを監督し、問題のトラブルシューティングを支援することができること。
?上位管理職のコンサルタントとなれること。

LPICレベル3「Specialty」 303-200出題範囲:

主題325:暗号化
325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎 (重要度: 5)
325.2 暗号化、署名および認証のX.509 証明書 (重要度: 4)
325.3 暗号化ファイルシステム (重要度: 3)
325.4 DNS と暗号化 (重要度: 5)

主題326:ホストセキュリティ
326.1 ホストの堅牢化 (重要度: 3)
326.2 ホストの侵入検知 (重要度: 4)
326.3 ユーザの管理と認証 (重要度: 5)
326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合 (重要度: 4)

主題327:アクセス制御
327.1 任意アクセス制御 (重要度: 3)
327.2 強制アクセス制御 (重要度: 4)
327.3 ネットワークファイルシステム (重要度: 3)

主題328:ネットワークセキュリティ
328.1 ネットワークの堅牢化 (重要度: 4)
328.2 ネットワークの侵入検知 (重要度: 4)
328.3 パケットフィルタ (重要度: 5)
328.4 仮想プライベートネットワーク(VPN) (重要度: 4)

最新のLPIC-3 303-200問題集を利用した学習の方がより短時間で高得点を目指せると思います。
弊社のLPIC-3 303-200試験のテキストを使用すると、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
実際のLPIC-3 303-200試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
弊社のLPIC-3 303-200問題と回答が試験内容が網羅されているので、独学で合格できます。

1.Which of the following access control models is established by using SELinux?
A. Security Access Control (SAC)
B. Group Access Control (GAC)
C. User Access Control (UAC)
D. Discretionary Access Control (DAC)
E. Mandatory Access Control (MAC)
Answer: E

2.Which of the following prefixes could be present in the output of getcifsacl? (Choose THREE correct
answers.)
A. ACL
B. GRANT
C. GROUP
D. OWNER
E. SID
Answer: A,C,E

3.What effect does the following command have on TCP packets?
iptables- A INPUT -d 10 142 232.1 -p tcp -dport 20:21 -j ACCEPT
A. Forward all TCP traffic not on port 20 or 21 to the IP address 10.142 232.1
B. Drop all TCP traffic coming from 10 142 232.1 destined for port 20 or 21.
C. Accept only TCP traffic from 10.142 232.1 destined for port 20 or 21.
D. Accept all TCP traffic on port 20 and 21 for the IP address 10.142.232.1
Answer: C

4.How are SELinux permissions related to standard Linux permissions? (Choose TWO correct answers.)
A. SELinux permissions overnde standard Linux permissions.
B. standard Linux permissions override SELinux permissions.
C. SELinux permissions are verified before standard Linux permissions.
D. SELinux permissions are verified after standard Linux permissions.
Answer: B,D

5.Which of the following commands disables the automatic password expiry for the user usera?
A. chage --maxdays none usera
B. chage –maxdays 99 usera
C. chage --maxdays -1 usera
D. chage --lastday none usera
E. chage --lastday 0 usera
Answer: C